荏原印刷株式会社

03-5732-0775

UV印刷

HOME > 印刷技術 > UV印刷

紫外線(UltraViolet ray)照射によるインクの速乾システム

「UV印刷」とは、紫外線(UltraViolet ray)を照射することによって瞬間的にインキを硬化させる「紫外線硬化システム」のことをいいます。荏原印刷のUVは約85kwの超ハイパワー照射、又、胴間乾燥システムを標準装備しています。

荏原印刷のラインナップ

スピードマスター CD102-5LX

スピードマスター CD102-5LX

スピードマスター CD102-2L

スピードマスター CD102-2L

従来の印刷方式との大きな違い

従来の印刷方式との大きな違い

インキ

一般的な油性インキと違い、UVインキは紫外線に感応する感光性樹脂がベースになっています。

紫外線照射装置

デリバリー部と胴間に紫外線照射装置があり、UVインキが反応し瞬間(0.3~0.5秒)的に光硬化します。

UV印刷・UVインキの特長

素材は選びません

アート紙、マット紙、コートボール紙はもちろんのこと、アルミホイル・塩ビ・PET・P.P(ポリプロピレン)・合成紙・金属蒸着紙・ポリエチレンラミネート紙などの非吸収性の素材も印刷可能です。

次工程に即座に移行

乾燥時間が不要なため納期を大幅に短縮。棒積み可能、裏移りも心配ありません。

スプレーパウダー不要

不純物の付着を嫌う食品関係の包装、容器類等に衛生的で尚且つ環境にやさしい印刷方法です。

堅牢なインキ被膜

紫外線による化学反応により、硬いインキ皮膜が形成されるため、変色、色落ち、耐摩性、耐薬品性に優れた特性があります。

インキに臭気が少ない

有機溶剤を使用していないため臭気が少なく、玩具、食品、化粧箱等に多く使用されます。

いろいろ使われているUV印刷

  • 厚物高級カラー印刷
  • 極薄段ボール印刷
  • クリアファイル
  • アルミ蒸着紙
  • PVC粘着紙
  • ユポ紙
  • メタル紙
  • PET、P.P、PVC
荏原印刷